スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光の農民は魔境に挑んだ


ffxiv_20160207_154957.jpg
 

アダマン鉱。

エオルゼアにおいて、あるときは熟練の冒険者の装備に使われ、またあるときは「赤貨」と呼ばれる貨幣と交換される。

赤貨と引き換えに入手できる採集・製作装備は優秀なため、アダマン鉱はエオルゼアの炭鉱夫達がこぞって求める大変貴重な鉱石である。



観光気分で気まぐれにエオルゼアに降り立ち、半年が経ったホルケゥ氏。

ffxiv_20160206_105306.jpg

気がつくと採掘師は60になりカンストしていた。

やらしいやさしいメロおじさんにとてもイイ採集装備を縫ってもらい、ようやくアダマン鉱が掘れるようになり、

ffxiv_20160207_223359.jpg

始祖竜・ミドガルズオルムに乗って採掘場を回る日々。

ffxiv_20160206_141725.jpg

羽ばたく竜の背に揺られながら、雲海を駆ける感覚はとても気持ち良い。

ffxiv_20160208_101900.jpg

絶景ポイントを見つけると、ああ、FFやっててよかったと思う。

ffxiv_20160207_220530.jpg

そしていよいよ念願のアダマン鉱を掘りに、採掘場所の魔大陸アジス・ラーへと向かうホル犬。

ffxiv_20160207_161629.jpg

お、もう待ってる人がいるぞ。







ffxiv_20160206_165620.jpg

……!?




な……

なんじゃこりゃあああああ!!


人、人、人、人、人。
とにかく人。

おびただしい数の採掘師が、アダマン鉱が沸くのを今か今かと待っている。

そして沸き時間。

ffxiv_20160205_214300.jpg

レーダーにアダマン鉱が出現すると、砂糖菓子に群がるアリのように殺到するディガー達。

ffxiv_20160205_210828.jpg

人しか見えない!!!


カカカカカカカカカカカカン!!!!!と轟音のように響くピックの音と、鳴り止まないスキルのSE。

ホル「先生!人多すぎてタゲれません!!!」

メロ「カメラを主観視点にして、めいっぱい寄せて鉱石の文字をタゲるんだ!」

メロおじさんのアドバイスでどうにか鉱石に手が届き、必死にピックを振り下ろすホル犬。

20160209.jpg 

↑わかりやすく図解するとこんな感じ。

やがてアダマン鉱を掘り終えた採掘師達は、潮が引くようにテレポで去っていくのであった。

誰もいなくなった浮遊島に、呆然と立ち尽くすホル犬。


20160209-2.jpg 

魔大陸、アジス・ラー。

そこはエオルゼア時間11時と23時に、採掘師達による祭りが毎日起こる、文字通りの魔境であった。

…そのうちこの島、削れてなくなるんじゃないか?
スポンサーサイト
プロフィール

ホルケゥ

Author:ホルケゥ
生態

【FF14】
Horkew Kamui(Tiamat鯖)
めくるめくギャザクラの日々

【AION】
ホルケゥ(ティア魔)
引退しました。かつては採集&生産専門ディーヴァで、パンデモとゲルクを往復して暮らしてました。

【PSO2】
ホルケゥ(Ship4 アンスール)
現在休止中。フラ元気にしてるかなぁ

【Arche Age】
ホルケゥ(K鯖東)
現在休止中っす。

拍手コメは基本的に返信はしておりませんが、いつも励みになってます。ありがとうございます!

ツイッター:@horkew15
たまに日々のどうでもいことをつぶやいてます。
フォローはオンラインゲーム関係の方に限らせていただいてます。

Skype・TS等、VCの類は一切お断りさせていただいております。
例え聞き専でもノーサンキューです

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
犬のつぶやき
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。